道行コートから

13115-1

Aラインのシンプルなワンピースです。
金婚式でお召しになるとのことです。
正絹の着物地の洋服は、素敵なパーティドレスになります。
皆さんの注目を引くこと間違いなしです。

以前に、黒の羽織でワンピースもお仕立てになりました。
こちらもAラインのシンプルなワンピースです。

13101-2

接ぎスカートが出来ました

着物生地で服を作る場合、細長い生地が残りがちです。
残り生地で接ぎスカートを作りました。

13610  13611

2着ともパターンのシルエットは同じですが、接ぎの枚数が違います。
着用した時にシルエットがきれいに出るように、長方形のパターンではなく、同心円のパターンにしています。
ウエストのギャザーを少なめにして、少しだけ裾が広がったフレヤースカートです。

13610-1  13611-3

右側のスカートは裾の付近に少しだけ(1か所)傷があったので、ちょっと手を加えてみました。

13611-1

古い着物地で作る場合、裁断時には気を付けているのですが、出来上がって「あれれ?」と思うことがあります。
あってはならない事ですが…。
傷がわからないように、手を加えてみました。
同じデザインでも一つ一つ違ったデザインに見えるのが着物リメイクの面白さかも知れませんね。

 

大島紬の残布で

大島紬の耳を使って、コサージュとお揃いのヘアーゴムを作りました。
シックな大人向けのヘアーゴムです。
華やかなヘアーゴムが多い中、こんなシックなものも良いのでは・・・。

AC002-4

2個しか出来ませんでした。
小さいお花をたくさん作って、ヘアーゴムが3個、コサージュに5個使いました。
大島紬の耳がすべてこんな耳になっているとは限りません。
またこんな耳に出会えたら、作ってみましょう。

AC002-3

ちなみに、コサージュはこんな感じです。(先日紹介しましたが・・・)

AC002-2