娘さんの成人式の時に作った振袖だったそうです。

その娘さんもお母さんになり、そのお子様(つまりお孫さん)がそろそろ振袖を着る年齢だそうですが、この振袖は着ないとおっしゃったそうです。

振袖を作った時のいろいろな思い出がよみがえり、このままではもったいないと思って、ご自分で着用する服をご依頼されました。

出来るだけ地味に・・・と、おっしゃいましたが豪華な振袖です。

同色無地の八掛を使って、柄の部分を出来るだけ控えて作ってみました。

如何でしょうか。

DSCF0419 DSCF0420